スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
1/14
よう下げますな。NYがいよいよヤバそうななので、まだまだ様子見という雰囲気が
強そうですが、そろそろ買いに入ろうと思う今日この頃。思いっきりトレンドに逆らって行くので、タイトなLCを決めて指数を買い下がるべ。15日の夜、NYがもう一つ下げてくれれば面白そうだ。さ、がんばろうっとw (相場の基本は順張りというのを実感しているケド)
スポンサーサイト
2008/01/14 01:07 | 雑感 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
テロ懸念・・NYは・・
イギリスでテロ未遂が発覚し、NYも急落かと思ったものの、
なんと、お気楽にも上げてるwCME225先物も上に・・。
いいぞ、米国!
航空各社はテロ懸念で下げたそうで、それに伴い原油価格も急落し、
株にはプラスに働いたそうです。9205、売りたいが、売れる日足じゃないな・・
2006/08/11 05:57 | 雑感 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
凄い数値だな
松井証券が、自らのデーターを日々公表してます。
タイムリーに見れますので、便利ですね。当局の発表を待っていたら
間に合いません。

信用評価損益率 7/18分

売り方 2.472%
買い方 -21.513%

6/14の突っ込みの前日6/13引け後の数値は、

売り方 2.259%
買い方 -20.553%

売り方がプラスになるなんて、あまりお目にかかりませんね。
買い方の-20%台なんて珍しく、この数値だけを見たら、
アホになって買い捲くりたくなる数字です。

反転相場に上手に乗りたいですね。

2006/07/19 03:38 | 雑感 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
読売新聞~成功した株式トレーダーの話
昔、読売新聞に掲載されていた記事です。


読売新聞~成功した株式トレーダーの話


先日、筆者の古くからの知り合いで、長年証券会社のトレーダーを務めていた人物(仮に「Tさん」としよう)に久しぶりに会った。彼との会話をご紹介しながら、トレーダーの世界について考えてみたい。

彼との昔話が一巡したところで、ちょっと失礼かとも思ったが、今や堂々たる中年である彼に、トレーダーと年齢の関係について訊いてみた。「トレーダーとしての能力のピークは、幾つぐらいの時だったと思う?」と質問した。
Tさんは間髪を入れず、以下のように答えた。「20代半ばくらいかな。あの頃は株価の動きを見ているだけで、次にどうなりそうか、理屈抜きに分かった。最近、証券会社の誤発注で大儲けした若い個人投資家が話題になったけど、彼も今、そんな感じなのではないかな」。
続けて、「その頃は、チャートを見たりしていたの?」と訊いてみた。「チャートなんて見ない。あれは、過去の動きを描いてあるもので、次の株価は出ていない。あんなものを見て考えているようでは、もう既に遅れている。たぶん値動きの感じだけが、無意識のうちに幾通りもパターン認識されていたのだろう」という答えが返ってきた。どうやら知識や経験が増えると、「感じる」から「考える」に行動がシフトして、時に「迷ったり」「遅れたり」が加わって、邪魔をするらしい。

Tさんは若い頃から、立派な実績を上げたトレーダーだったが、中年になった今まで、チームを率いながら生き残ってきたし、儲けた額は近年の方が大きい。「若い頃の感覚が衰えてからは、どうやって相場を張ってきたの?」と、さらに質問してみた。彼の説明は詳細にわたったが、かいつまんで言うと次のような話だった。年を取ると感覚は衰えるが、知識は増える。この場合の問題は、関連する知識を直ちに且つ例外なく思い出せない点と、その他の肝心な問題(リスクの制御など)を同時に実行できなくなることがある点だ。従ってT氏は、自分のノウハウを徹底的にシステム化したのだという。
ここで言う「システム化」とは、リアルタイムで取り込んだデータを、即時に適切に処理して判断に使えるプログラムを構築することを言う。証券会社のトレーディングの世界では、「フロント・デベロッパー」などと呼ばれるトレーダー専属のシステム・エンジニアがいるのが普通であり、トレーダーの分析のアイデアを、次々にプログラムとしてシステムに組み込む役割を果たす(トレーダーはチーム全体を喰わせなければならない)。
ちなみにTさんが構築した分析システムについて、その一部を聞いたことがあるが、これだけのシステムを証券取引等監視委員会が持っていれば、不正の摘発が何倍にも増えるのではないか(不自然な売買をしている主体が直ぐに分かるので)と思わせるような、大がかりで精密なものだった。

ところで驚いたことに、Tさんは近々、会社を辞めるという。トレーダーは基本的に成功報酬だから、ここまで生き残っているということは、普通であれば一生使い切れないくらい稼いでいるということだ。だから辞めても困るまいが、勿体ない感じはする。しかも、彼のチームはここ数か月、絶好調であったらしい。
しかし彼は、「部下も十分育ったし、今なら会社にもチームにも迷惑を掛けずに止めることが出来る」と言う。決して引退ということではなく、社会貢献や、個人で出来るビジネスをやってみたいのだという。

まことに立派な考えだが、立派な考えを持っているからトレーダーとして成功したのか、成功したから立派なことが言えるのか。多分両方なのだろうが、筆者には区別できなかった。なにはともあれ、古くからの友人が、厳しいトレーディングの世界で幸せな一区切りを迎えたことは大いに嬉しかったので、この日のお酒はことのほか美味しかった。
2006/07/09 20:02 | 雑感 | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
お願い
コラ!円下れ!
2006/05/19 01:45 | 雑感 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
8078 阪和興業の急落



8078 阪和興業の急落場面です。490円から450円まで落ちるのに、
所要時間2分。因みにこの銘柄、450円から490円まで上げるのに1ヶ月近くかかっています。だから売りは辞められない!?担がれないようにせねばなw
2006/05/17 23:58 | 雑感 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
7245 大同メタル
20060513200527.jpg


凄い落ち具合ですね。押し目買い・・なんて言うて高値の銘柄を買うとこういう事にもなりかねないという事ですか。ま、こんな崩れた日足の銘柄を押し目買いする人も・・・ですが。しかし、この日足は、4月中旬位に発見したかったな。典型的な売り局面ですね。
2006/05/13 20:09 | 雑感 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
探せばあるんだな・・こういうのw
KDDI


典型的ともいえる反発。こういうのはよく探さないと見つからないくらい少ないのだが、未だに教科書には、こういうのが反発の形と紹介されている。参加者の心理は不変なのだろうけど、変形型が多くて、もはやチャートの形で視覚的にパターンとして認識するのが難しいのではないか・・と思ってしまう。
2006/05/07 01:12 | 雑感 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
さてライブドアは・・・
遂に逮捕まで行きましたね。ホリエモン。


国を挙げての吊るし上げ劇に見えます。マスコミも、ライブドアの取材だけでなく、地検の特集番組でも組むべし。ライブドア強制捜査の裏側、地検は何故、強制捜査に入ったのか、その動機と背景の実態を徹底調査して真実を報道する、根性のある報道機関はないのか?あるわけないな。もし、それをやれば、ホリエモンのやった事よりも何倍も醜い、何倍も悪質な違法性のある実態が明るみに出るに違い無いと思うが・・・

ライブはポスト入り、上場廃止路線ですね。外資の買収打診の
報道も出てるみたいだが、どうなるのだろうか。

2006/01/23 22:52 | 雑感 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
6764 三洋電機
6764 三洋電機が安値をつけていますね。

9/28に業績下方修正が発表され、
10月下旬に発表されるはずであった中間決算の発表が
11/18へと延期され、業績に対する警戒感から、嫌気されている様子。
財務責任者の辞任やら、子会社の売却、リストラの前倒し等々。
良くないニュースも目白押しです。
加えて、レーティングの引き下げのオンパレードで、
ゴールドマン、メリル、ミズホ証、等、軒並み引き下げ。
11/18日に発表される決算内容を見てみたいですね。


皆が売り売り大合唱!の時・・・その後は?




sannyou.jpg

2005/10/28 23:52 | 雑感 | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。