スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
読売新聞~成功した株式トレーダーの話
昔、読売新聞に掲載されていた記事です。


読売新聞~成功した株式トレーダーの話


先日、筆者の古くからの知り合いで、長年証券会社のトレーダーを務めていた人物(仮に「Tさん」としよう)に久しぶりに会った。彼との会話をご紹介しながら、トレーダーの世界について考えてみたい。

彼との昔話が一巡したところで、ちょっと失礼かとも思ったが、今や堂々たる中年である彼に、トレーダーと年齢の関係について訊いてみた。「トレーダーとしての能力のピークは、幾つぐらいの時だったと思う?」と質問した。
Tさんは間髪を入れず、以下のように答えた。「20代半ばくらいかな。あの頃は株価の動きを見ているだけで、次にどうなりそうか、理屈抜きに分かった。最近、証券会社の誤発注で大儲けした若い個人投資家が話題になったけど、彼も今、そんな感じなのではないかな」。
続けて、「その頃は、チャートを見たりしていたの?」と訊いてみた。「チャートなんて見ない。あれは、過去の動きを描いてあるもので、次の株価は出ていない。あんなものを見て考えているようでは、もう既に遅れている。たぶん値動きの感じだけが、無意識のうちに幾通りもパターン認識されていたのだろう」という答えが返ってきた。どうやら知識や経験が増えると、「感じる」から「考える」に行動がシフトして、時に「迷ったり」「遅れたり」が加わって、邪魔をするらしい。

Tさんは若い頃から、立派な実績を上げたトレーダーだったが、中年になった今まで、チームを率いながら生き残ってきたし、儲けた額は近年の方が大きい。「若い頃の感覚が衰えてからは、どうやって相場を張ってきたの?」と、さらに質問してみた。彼の説明は詳細にわたったが、かいつまんで言うと次のような話だった。年を取ると感覚は衰えるが、知識は増える。この場合の問題は、関連する知識を直ちに且つ例外なく思い出せない点と、その他の肝心な問題(リスクの制御など)を同時に実行できなくなることがある点だ。従ってT氏は、自分のノウハウを徹底的にシステム化したのだという。
ここで言う「システム化」とは、リアルタイムで取り込んだデータを、即時に適切に処理して判断に使えるプログラムを構築することを言う。証券会社のトレーディングの世界では、「フロント・デベロッパー」などと呼ばれるトレーダー専属のシステム・エンジニアがいるのが普通であり、トレーダーの分析のアイデアを、次々にプログラムとしてシステムに組み込む役割を果たす(トレーダーはチーム全体を喰わせなければならない)。
ちなみにTさんが構築した分析システムについて、その一部を聞いたことがあるが、これだけのシステムを証券取引等監視委員会が持っていれば、不正の摘発が何倍にも増えるのではないか(不自然な売買をしている主体が直ぐに分かるので)と思わせるような、大がかりで精密なものだった。

ところで驚いたことに、Tさんは近々、会社を辞めるという。トレーダーは基本的に成功報酬だから、ここまで生き残っているということは、普通であれば一生使い切れないくらい稼いでいるということだ。だから辞めても困るまいが、勿体ない感じはする。しかも、彼のチームはここ数か月、絶好調であったらしい。
しかし彼は、「部下も十分育ったし、今なら会社にもチームにも迷惑を掛けずに止めることが出来る」と言う。決して引退ということではなく、社会貢献や、個人で出来るビジネスをやってみたいのだという。

まことに立派な考えだが、立派な考えを持っているからトレーダーとして成功したのか、成功したから立派なことが言えるのか。多分両方なのだろうが、筆者には区別できなかった。なにはともあれ、古くからの友人が、厳しいトレーディングの世界で幸せな一区切りを迎えたことは大いに嬉しかったので、この日のお酒はことのほか美味しかった。
スポンサーサイト
2006/07/09 20:02 | 雑感 | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
<<7/12 | ホーム | 7/7>>
コメント
こんにちは。興味深い記事を有難うございました。
株以外の多くの分野にも当てはまる様な内容ですね。
[少」 * URL [編集]2006/07/11 17:44
少さん、こんばんわ。
中年以降の人間でもコンスタントに成績を残せるトレード手法、やはりハイエナ戦法しかないなw
GG * URL [編集]2006/07/11 20:23
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pahopaho.blog11.fc2.com/tb.php/234-f84e2290
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。